徒然と書いていこう

2017年12月21日

鍼灸と体外受精の併用 一周期あたりの成功率

ちょっと前になりますが、10月22日(日)に全日本鍼灸学会中部支部学術集会で発表して来ました。

今更?という感が自分でもありますが、珍しく自分の発表でしたのでここに載せようと思います。

抄録提出後もデータをできる限り追加したかったので実際の内容とは数字が少し異なっていますが、その辺はご容赦いただけると幸いです。

タイトルは

鍼灸介入下における体外受精妊娠率の調査検討
−胚移植一周期あたりの妊娠率−

という内容でした。

大先輩から白羽の矢を立てられ、急遽発表することになり("^ω^)・・・

まぁ時間がなかった割にはしたいことができたのではないかと思います。

この発表の背景には

・患者さんからの問い合わせがあった。(いつかは調べないといけないと思いつつ…)
・他の鍼灸院さんが妊娠率80%!とか色々ネットで宣伝されているようですが、実際そんなには無理!でも、当院の実際はどれくらいなのかな?という素朴な疑問。
・例えば100人が妊娠した!とか、上記の80%が妊娠した!とかあるけど分母の人数ははどれくらい?
・数回で来なくなった患者さんが後で妊娠したと聞いた→自院の成果とカウント?
・学術的には(妊娠判定日以降)結果が不明なものは分母から除外できる
 ➡全体における不明率はどのくらい?
  不明率が高ければ高いほど本当の意味では妊娠率がとても低い可能性がある
  不明率を除外する→研究的な方法での結果
  不明率を含む→実際の現場での結果
・鍼灸併用で妊娠率を出すということはある程度の区切りが必要ではないか?

ということがあり、今回の発表となったわけです。

妊娠率にも二つあって、累積妊娠率と移植周期ごとの妊娠率があります。
わかりやすく説明しますと、
累積妊娠率は不妊治療を行った3人中2人が妊娠した→妊娠率2/3で66.7%となります。
移植周期ごとの妊娠率は3人が9回胚移植した。そのうち2回妊娠した→妊娠率2/9で22.2%となります。
同じ人数でも、実際は内容がかなり違ってくることがお分かりになると思います。
また、結果が不明な方が入っていたら?もしくは除外されていたら?となると更に結果は異なってきます。

ということで今回いい機会をいただけましたので、自院の調査がてら出してみました。

以下学会での報告内容になります。

対象は2015年1月〜2017年9月の間で、鍼灸治療を行いながら胚移植した62名。
(体外受精の病院は特定の病院ではありません。近隣のいろいろな病院での治療を受けていた方です。)

総移植周期125周期
平均年齢 37.5±4.5歳 最高46歳 最少27歳
鍼灸治療は肺移植の前後1週間以内に行い、胎嚢確認を妊娠としました。

調査項目と気になる結果です。
【1】移植前180日間における肺移植回数(62人中)
  最少0回 最大7回 平均2.0±1.3回 
   鍼灸併用で胚移植を望む方は過去に2回ほど肺移植をされていました。
   そのような条件下での妊娠率となります。
【2】妊娠群と非妊娠群の平均年齢の比較(125周期中)
  妊娠:35.1±4.4歳  (36周期)
  非妊娠:37.7±4.5歳 (75周期) p<0.01(U検定)
  *結果不明群:40.2±4.0歳(14周期) 
  妊娠群の方が非妊娠群より年齢は低くなりました。
【3】妊娠率とその詳細
(a)胚移植1周期あたりの妊娠率(妊娠数/総移植周期)
  妊娠36周期 非妊娠75周期 結果不明群14周期
  ・妊娠率 32.4% (結果不明含まず)
       28.8% (結果不明含む)
  となりました。結果不明はその時点で妊娠しているかしていないか分らない、というスタンスです。
  妊娠していると期待したい所ですが平均年齢を考えると厳しいだろうと思われます。
  結果不明ということ除外したり含めたりということだけで、妊娠率が変わるということがお分かりになると思います。実際の数値は不明含むという方が正確かもしれません。
  
(b)累積妊娠率(妊娠数/患者数)
  総患者数62名中 妊娠32名 非妊娠16 結果不明14
  ・妊娠率 65.3% (不明含まず)
       51.6% (不明含む)
  結果不明ということが移植周期ごとより大きく影響しました。治療者としては慙愧に堪えない結果ですが。

(C) 移植方法別の妊娠率(妊娠数/移植周期)
  ・新鮮胚分割胚 27.2% (妊娠3/移植11)(不明含まず)
          21.4% (妊娠3/移植14) (不明含む)
  ・新鮮胚胚盤胞 0% (0/1) 
  ・凍結分割胚  20.0%  (妊娠12/60周期)(不明含まず)
          17.6%  (妊娠12/68周期) (不明含む)
  ・凍結胚盤胞  55.2%  (妊娠21/38周期)(不明含まず)
          51.2%  (妊娠21/41周期) (不明含む)

という結果を学会で報告しました。

今後は手作業での集計と計算はもはや限界ですのでフォーマットを作っていただき、症例を積み重ねていくことが必要になりました。

来年の大阪大会で更に症例を重ねたものを出せたらと思っています。

なお、この内容の無断転載はご遠慮ください。昨今他院の結果を自院のやったことのように宣伝する方の行為には目に余るものがありますので。


  

   

 

ラベル:妊娠率 学会発表
posted by あけぼの at 21:54| Comment(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

開院記念日。

本日11月17日はあけぼの鍼灸院の開院記念日でした。
いつのまにか10年はとっくに過ぎ、11年が済み、明日から12年目の始まりです。
自分は成長したのか?治療院の方向性は間違えていないか?
この先どうなるのか?
色々と考えていました。
先日、元の職場のOB・OG会に参加しました。
お世話になりっぱなしの先輩。
なぜか相変わらずいじってくる同期。
頼もしくかつ下世話に成長していた一緒に働いた後輩。
僕が辞めた後、一緒に働いてはいなかったけれど、同じ流れをくむ後輩たち。
実は各世代のエース級が集まった会でもあるので本当に刺激と勉強になります。
先に行くものとして、ともに走るものとして、こけるわけにはいけないといつも思います。
仲間たちがこけそうになったら(ならないような人たちですけどね)、何か力になりたいし、なれる力を持ちたい。
みんないい顔をしていました。
悩んでいるのも、それはそういう時期だから良い。
何年たっても不安なところはあるし。
スーパーマンではないから、何でもできるわけでないけど、いけるところまで行こうと思います。
というわけで、今後ともよしなに。
                  あけぼの鍼灸院 院長
posted by あけぼの at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

日本伝統鍼灸学会に参加してきました。

先日の14日土曜日に休診させていただいて日本伝統鍼灸学会に参加してきました。

伝統鍼灸とは経穴や経絡、気功的な技を取り入れた古来のやり方を追及しているような感じです。

現代鍼灸はどちらかというと局所的な筋肉やトリガーポイントに鍼を刺したり、電気を流す物理刺激としての鍼灸という感じです。古来の考え方はどちらかというと無視される傾向です。

どちらも一長一短ありますが、個人的には伝統鍼灸派です。

そんな伝統鍼灸には色々な流派があります。武道みたいなもんです。

それで各流派の先生のやり方はその会に所属していない限り滅多に表に出てこないのですが、そんな先生方が一堂に集まるいわばオールスター!

それが金沢でするというのだから行かねばならない!という感じでした。(いろんな学会に入っているので遠くでやっているときはあまりいけません)

当院のベースとなっている流派の先生の言葉から長らくの疑問が解け、すっきりしました。

また、気になっていた他流の先生の実技は本の内容を想像していたところだったので、なるほどそういうことか!という感じ。

元となっている中国の古代書は皆同じなのですが、解釈と変化の違いが微妙に異なっていました。それも参考になりました。

できるできないは別として、参考になりました。

理論は好きだけど、好きになれない流派が一つあったのですが、やっぱり効果があやしいなぁと感じるのは先入観でしょうか?(笑)

全日本鍼灸学会をメインにしている僕としては、実技セッションの連続は新鮮で初学者の気持ちになりました。

また、北京から中国の先生が来て講義と実技をされました。全くやり方が違うので桟敷に陣取って見ました。

本当にサクッと刺すのですが、あまりいたくないそうです。僕には無理ですね。手技もおそらく柔らかいタッチなのでしょうが、大陸的な感じ(なんだそれ)

でも、近くに座っていた金色のジャージを着ていたお姉さんが気になって仕方なくて。。。(学会にジャージとかってあり得ない!!しかもその色が("^ω^)・・・

いつもは座って聞いているのが退屈になるんですが、今回はどれも面白くてあんまりうろうろしませんでした。

当初は金沢ですので日帰りの予定だったのですが、岐阜から来た先生と飲むことに!!

酒は弱いのですが、楽しい人が大好きですので面白おかしい時間を過ごしました。

ものすごく勉強されていることが会話の端々に感じられるのに、全然うんちく語ったり偉ぶらない。

鍼灸や臨床に対する意識も高くて、久しぶりにすごい先生だなーと内心では感心しきり。福井にもそういう先生が増えてほしいですね。(もちろんいますよ!)

昼も夜も素晴らしい時間を過ごせました。

そして今週の日曜日は岐阜で学会。

発表予定です。

そして、スライドがまだタイトルしかできていません(汗)

明日の僕はきっとやってくれるはず。

というわけで、おやすみなさい。




posted by あけぼの at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする