徒然と書いていこう

2019年08月08日

ふと思う。

鍼灸の研究やら、学術はとても大事です。

意識的にいつも何かないかと探しています。

でも、なんか違うんだよなーと、最近ふと思いました。

やりたかったことがどうしてもエビデンスベースにしなくてはならない

そう、「しなくてはならない」が多くなりすぎてるような感じです。

自分自身窮屈だと思ったりします。

鍼灸の古典(わかりやすくいうと古文書ね)とか色々な名人の話を聞いたり読んだりしていると、

エビデンスベースに乗せることを考えると急に色あせます。

でも、でたらめはいけませんがね。似非科学とか。

科学科学いうのに飽きてきた、というのもあるのかもですが。

本来の鍼灸の深さをそろそろ追求したいかなー。

そしたらもっと色々な世界を見れるかもと思うとそっちがいいかも。

ふと思った独り言でした。
posted by あけぼの at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

暑いけれども。

梅雨が明けてめっぽう暑くなりました。

溶けそうです。

ここ最近、学生時代にしていた弓道を復活させて、休みの日に引きに行っています。

暑い中、袴着て汗だくになりながら稽古に励んでいます。

先日久しぶりというか、10年以上ぶりに大会にも出ました。

プレッシャーMaxで、2回の内1回目の結果はいまいちでした。

でも、2回目に開き直っていつもの稽古通りにするとまずまずの的中も出せました。

試合であてた記憶があまりないので、嫌な思い出が20年ぶりにフラッシュバック!

しかし、当時できなかったことができ、結構満足しているところもありました。

あたらなくても、自分を見失うことなく、落ち着いていたのは収穫でした。

課題もみつかり、それにむけて修練中です。


さて、暑い中で汗だくになって、家に帰りシャワーを浴びるとすっきりします。

水かを食べるとさらに爽快。


暑い中にいるのは冷房で冷えた体を温めます。治療院に一日いると体が冷えますから。

そして、ほてった体を冷ますのはスイカ。

スイカは「ひやす」というより、「さます」働きが強いと思います。

氷や冷水で芯まで冷やして解熱、という強い作用ではない、やさしい解熱作用だと感じています。

もちろん取りすぎはいけませんし、季節をはずして冬などに食べるものではないです。

夏野菜は外気で温め過ぎた体の余分な熱をとるということには素晴らしい効果を発揮すると思います。

瓜系やトマト、なすびなどは良いですね。夏を過ごすための大地からの恵みです。

お盆を過ぎると熱さも和らぐはずですので、もう少しの辛抱。


熱中症には気を付けないといけませんが、汗をかいて冷えを取る、ということはこの時期ならでは。

みなさまも少しでいいから体を動かしてみましょう。

10分程のウォーキングでも構いませんから、ぜひ!

posted by あけぼの at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

謎のお弟子さん?

先週ご来院された患者様から驚いたことを聞きました。

要約すると

「あけぼのの先生を師匠と仰ぐ人がいて、その人が言うには師匠の妊娠率は100%で、男女の産み分けもできるらしい」

えええええええ!!???

「神?」

そんなこと言うのってどこの誰?

なんでも海の近くにいるとやら。

私、

「しりません」キッパリ

いやほんと。

とりあえず、大野のお弟子さんに心当たりないか聞いたら知らないばかりか、

「生きていればいろんなことが起きますね」

とのどかな答えが。


何かの間違いとオヒレとハヒレが付いてそうなったのでしょうね。


本日来院された方からも当院はとても有名なんだとか。

そのような実感はないまま日常を過ごしていますが、

私、人智を超えたことはできませんから。

あしからず。


でも、もしそんな人がいたら弟子入りしたい。

いや、ほんとに。


そして、そんなことを言っている自称僕の弟子とやらがいるのならば、


どうぞお越しください。


うんと鍛えてあげます。


言っときますけど指導はものすごく厳しいですからね。



posted by あけぼの at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする