徒然と書いていこう

2018年10月17日

鍼灸が衰えているのか?

この前同期と話していて気になったこと。

そして気になっていたこと。

鍼灸のレベルが下がっていっているような感じ。

あくまでも、ですが。

戦後から昭和のなかばに入るくらいのレジェンドクラスの先生が生きていたころは、怪しいけれど凄い技術があったっぽい。

その頃の先生はとことん探求しているような感じ。

学術、とは言えないレベルだけれども、技術では職人の極みというか、名人が何人かいた様だ。

人間的にも豪快な人もいたと聞く。

その方々のお弟子さんは今の60代くらいの先生かな。

上手い先生が結構いる気がするけど、分派したりなんかバラバラ。独自のものをさらに立ち上げている気がする。

ただ、その世代からは機械が導入されている世代でもあるから、色々な機器を使う。

それが悪いこととは言わないけれど、今となれば少し技術の進歩よりもやや減退の始まりのような気がする。

でも、名物先生が各県に何人かいたみたい。ただ、その頃は絶対数が今よりさらに少ないから、どうなのかとも思う。

で、その下世代が私ぐらいか?鍼灸師としてはまだまだこれからの年齢という感じだろうけれど、見渡してすざまじい技術レベルの先生は今のところ見かけない。

鍼灸師の数が増えていますが、技術の継承は難しくなっているようです。弟弟子や妹弟子たちがうまく教わっていないことに気付いたこともその一つ。できない後輩が上に立ち、ほとんど伝わっていないことに愕然としたのも事実。

業界全体を見渡しても、古典的で東洋医学的な鍼をする、というよりも筋肉系の物理療法の鍼をする先生の方が多い。

それがいけないとは言わないけれど、どちらかというと整骨院的な感じ。

古典的な鍼をする、といってもする機会である内科的な疾患が圧倒的に少ないわけで、整形疾患に手っ取り早く鍼刺して電気を流す、もしくはレーザーや干渉波や超音波等々病院でのリハビリで登場するような物理刺激を追加していく方が、術者にも患者さんにも受けがいい。

ただ、それってありきたりな感じで刺激量の限界が施術の限界地点になってしまうと思う。より強い刺激、変わった刺激こそが大事になることになるが、本来の鍼灸ってそういうものなの?と疑問に思う次第。なんか、外来魚みたいな。


そうこうしているうちに、レジェンドの先生はなくなり、その次の先生方も引退が近い、もしくは引退し始めている。

我々の世代が次に伝える、となってもスケールダウンしている感が否めない。

自称俺様名人はいっぱいいるだろうけれど。

そんなことを同期と話しながら、大昔の先生はどんなんだったのだろうかと思いをはせたりもする。

世の中は絶えず進歩している。それは科学の世界からみて。

でも、こういうものって寧ろ大昔の原点から離れれば離れるほど退化していくのか?と悲しくなる。



戦国時代の名刀、茶器や名画。

今の時代の良いものとは一線を画すけれども、その当時の技術レベルの高さはとんでもない。

凄い時代なんだろうと昔を想像するけれど、鍼灸がこれからますます衰退していくような気配を感じてしょうがない。

ただの物理刺激になり下がったとき、

鍼灸の効果範囲が小さな枠でとどまり、

ワクワクするような出来事に遭遇することもなくなり、

物理刺激者として色あせてしまうのだろう。


そうしないようにするには、本質を探りながら

過去の名人を空想して、問い続けながらいくしかないのかなとも思う。

つーか、誰か教えてくれ!

って学会帰りの飛行機で窓の外を見ながら帰ってきました。


鍼灸、これからどうなるのでしょうね。
posted by あけぼの at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

不妊カウンセラー養成講座に行ってきました。

10月13日・14日と東京で行われた不妊カウンセラー養成講座に参加してきました。

土曜日を休診させていただきました。仕方のないこととはいえ、ご迷惑をおかけします。

とりあえず、最新の知識を入れたいので参加。

残念ながら内容は書いてはいけないので、ここには書けませんが、とても充実しました。

近年言われていること、調査されていることについて聞けたのは有意義でした。

そこで、もとの職場の後輩君や、同期の親友が偶然いるということで気分転換にもなりました。

夜は違う勉強会に参加していたこれまた元の職場の後輩君と合流、楽しい時間を過ごせました。

って遊んでいるイメージですが、ちゃんと聞いてましたよ。

事前に演題が来ますので、久しぶりに面白そうな内容でしたから参加したんです。

後輩や、同期とは鍼灸の話ばかり。

普段できない話なので刺激になります。色んな鍼のやり方や考え方を聞いたりするのはやはり楽しい。

帰りは友達と話しこんでいたら飛行機の時間ぎりぎりに!!

かなりひやひやしました^^;

よほど疲れたのか、家に帰ったら即就寝。朝までぐっすり。

そして!!

スーツが冗談でないくらいきつくてそれがshockだったので今日から痩せます。いやほんとうに。

というわけでダイエット大作戦です。

posted by あけぼの at 16:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

美容鍼。

先日NHKで東洋医学の特集がありました。

その中でも美容鍼に対する反響は少なからぬものだと思いました。当院でテレビを見た患者様が結構聞いてきました。

学生だった頃に美容を研究されている先生はいましたが、メジャーとは言えないジャンルでした。

今から20年近く前は、鍼灸がどのようなメカニズムで効いているかを解明しよう!という方がどちらかというと勢いがありました。

もしくは、「こんな病気に効く可能性がある!」というものを探す手探りだったような記憶があります。

その当時の美容鍼は顔に何箇所か刺すぐらいで、実際一般の鍼灸院ではあまり取り入れていなかったように思います。

それがいつごろからか、顔中にもの凄くたくさん刺して、電気流して、という方法が出てきて、一気に広まった感じがあります。

耳つぼダイエットみたいな、一過性のブームで終わるのかな〜と静観していましたが。

学会でも「美容」のコーナーが独立し、専門的な発表も目立つようになりました。

当然、美容鍼のセミナーも増えていて、そこらじゅうで行われています。

技術って、どこかに起源があると思うのですが、どうなんだろう?オリジナルか誰かのパクリ?なのかな。いまいちよくわかりません。

美容鍼は専門でないし詳しくないけれど、顔だけに鍼をしてもだめだろうと思います。

体調を顔で我々は見るのですが、鍼をして顔色が良くなると身体が良くなったとも解釈します。

ただ、顔だけに鍼をして顔色が良くなったとしても、身体が良くなっているわけではありません。

少し考えればわかることですが、「手をきれいにする」とか、身体の一部分をきれいにする、ということは持続性もないし効果も薄いということになります。

どうして今の顔色や肌艶になっているのか?

それを考えると、顔だけに鍼をしても、「?」となるわけです。

そういった部分をテレビでも言っていたのかはわかりません(見ていなかったんです)

しかし、流行するのであれば、裏付けとなることをしっかりと研究したほうが良いと思います。

効果の検証も確立していけば、ある意味美容と健康ということで伸びるのではないかと思います。

美容鍼灸をお探しの方は、身体全体を観て、鍼をしてくれるところを探すと良いでしょう。

手間暇かけてくれるところこそ、よく研究していることでしょうから。

当院は・・・・

頼まれればやります(;´・ω・) 

できればそういう専門のところがあれば紹介したいのですが、良く知らなくて。(苦情だけはたくさん聞いていますが。ははは)

というわけで、美容鍼灸のお話しでした。

posted by あけぼの at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする