徒然と書いていこう

2017年05月08日

妊娠反応が続く流れ。

長いことやっていると妊娠報告が続くときがあります。

コンスタントに結果を出すのが望ましいのですが、立て続けに陽性反応が出る時期がなぜかあるような気がします。

偶然といえば偶然なのでしょうが。

GWの休みに入る前に2人。30代半ばと40代の人。

GW明けた今日で2人。2人とも30代後半の方。

体外受精のサポートでの結果が3人。
そのうち2人は今まで結果が出なくて初めての妊娠。

残る1人は自然妊娠。
体外受精でも結果が出ない中、自己タイミングでの妊娠反応。
PCO併発の排卵障害があるなか、月経周期が整ってからのことでした。排卵障害に対して研究中の経穴の施術がうまくいったのかもと思うと私も嬉しくなってしまいました。

正直これからが大切なのですが、皆様非常に喜んでいるようでした。

が、

あまり実感がないというのが正直な感想でした。

そう、きょとんとしているのです。

上手くいかないのに慣れてしまっていると、どうせだめだろうと思ってたといわれます。

私の仕事は鍼灸で妊娠できる状態に体を作り、無事出産までお世話することだと思っています。

妊娠したということは、妊娠できる体になっていたということ。

自信持ってくださいね!といっても半信半疑。安定期が来ることまでは妊している状況にイマイチしっくりこないみたいです。

ひとしきり皆様のお話しと聞いた後には妊娠の経過についての簡単な流れを説明して、身体に起こる変化、心構え、やってほしいこと、しないほうが良い習慣などをざっくりと。

みなさん、妊娠することに頭がいっぱいで、その後のことはほとんど関心が持てない方が多いようです。確かに妊娠しないと始まらないですからね。


実際、みなさまの判定日が毎週のように続くので、いいときもあれば悪いときもあるのですが、やはり結果が出てくると嬉しくなります。

健やかな経過と無事生まれてくるようにサポートしていきます。

妊娠初期の鍼灸は、妊娠するまでと違い、身体を変えるというよりも補助的に強くしていくという感じです。つわりなどの症状がある場合は体の調整をして改善していくように施術します。

どうか、皆様がうまくいきますように。

心から祈りながら施術していきます。

この流れも続きますように。



ラベル:妊娠反応
posted by あけぼの at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック