徒然と書いていこう

2017年09月03日

秋と断捨離。

みのりの時期です。

治療院の住所も「みのり」漢字は「豊」だったようです。確かに読みにくいな。

秋は大好きな季節なんです。体調も良くなるし。

暑さも引いてきて、空気も澄んできました。

最近は断捨離をせっせとしています。

書籍や服、道具や究極は古いロッカーまでも。

ばっさばっさと。

開業して以来10年使わなかったもの。

結構あるんですよ。

そんで、どんどんスペースが空いてきているので気持ちもすっきりです。

将棋の藤井くんの活躍に触発され、将棋や囲碁を学んでみようかと画策中です。

頭の体操になるといいなと思うし、新しい発見や学びっていいなーと。

鍼灸のことを一瞬忘れるという時間が最近必要になっています。

頭の中も断捨離。

というのも、長く続けていると新しいものを取り入れるのが億劫になってきます。

もちろん、なんでも飛びついて、ということはしません。

いろんな勉強会があり、いろんなやり方があるのは鍼灸の特色ですが、合う合わないがあり、本物偽物があるからです。

また、いろいろ飛びついてかじっている人はあまり伸びません。

ベースとなるべく技術や思想が弱いと広く浅くとなります。

将棋を見ていて感じたのも、「定石」という勝ちパターンがあり、それを知っていることが最低限ということです。

そこから何を学び、使い、生み出すか、ということなのは共通していると思いました。

鍼灸もある程度の定石はあると思っています。

だいたいこう見立てるだろうなということは、共通していることが多くて、後はそれをどう自分の手や道具で体現していくかということだと思います。

斬新な見立てをする先生のことは驚きます。

でもなかなかいません。実際にまねできないなーということもありますし。

自分なりに見方を変えてみたりしますが、知っている範囲の定石のことでしかやはりできません。

結局は信頼できる今までの技なり知識なりといったことなんでしょう。

去年まではとても焦っていました。

「早く症状を消そう、妊娠してもらおう」

という感じで。

でも、今年はちょっとゆったり構えています。

もちろん早く良くなるようにしていますが、少し引いた感じでゆとりをもっているように努めています。

そうしたほうがより多くの情報が見れるような気もしますし。


そういう感じで秋を迎えました。

今年の続けていたことの実りが得れるように。

今までの雑多なことを断捨離できるように。

理想はシンプルかつ効果的な鍼灸と生活。

すっきりと収蔵の冬を迎えたいところです。


posted by あけぼの at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。