徒然と書いていこう

2018年06月14日

残念なこと。

梅雨ですね。

雨の日は気持ちがなんか静かになるので結構好きです。続くとちょっと困りますが。

最近残念なことが一つ。

同門の先輩のところで受けたという患者様が偶然来て、最初はなんか嬉しかった。

でも、よくよくお話を聞いていると

オリジナルの不妊のツボを発見

治療は手抜き(に聞こえる。そんなこと習ってないよね)

なにより物販がすごい

と聞いた。

何か残念。

人柄がすごく良くておおらかで後輩思いのいい先輩。

一緒に働いた時期は重ならないけれど、学会とかでお会いした時に温かい言葉をかけてくださった。

そんなことをする人ではなかったのだけど。

変わってしまわれたみたい。もしくはもともとそういう人だったのか。


まぁ、かつて勤めていたスタッフに私も似たようなことされたからなー。

紹介で回ってきた患者さんの症状はたいしたことないのに、その程度もできなくなっていて
(というか今の職場の先生に診てもらえ!できないかもしれませんが)

新しい職場でいかにもその施術所のオリジナルのように宣伝して
(難しい症状には対応できないよね?)

パクリとダウングレードもいいところですが、患者様がかわいそう。

人間として恥ずかしくないのかなとも思う。(実力がないところはなんでもありなんですけどね、実際)

先輩がそういう類の人間になってしまったのかと思うと

残念で仕方がない。

お金が欲しい?

ちやほやされたい?

決していいようにはならないと思いますが。

少なくとも患者様はもう疑問に思っています。

インターネットの口コミを患者様に「お願いして」書いていただき(謝礼とか渡していたら最悪)

いかにもいいように見せていても、

中身がないとばれますよ。

いい先輩だったのに本当に惜しい。

「その程度の人だった」とあきらめるのはもうたくさんだけど、

しかたがない。

人は変わるのだから。

もしくはそういう人と見抜けなかった自分がわるい。

悪い縁は切れていくのは自然だけど、

しかたがない。




雑感でした。

posted by あけぼの at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。