徒然と書いていこう

2018年06月18日

物品の販売とか、???な機械とかは。。

当院ではほとんどといっていいほど物品を患者様にお売りしていません。

お灸と入浴剤です。

殆ど在庫がありませんので注文になります。

お灸はAmazonとかで同じものが売っています。(自分で買って下さいということ。しかも安い!)

必要な時に少量バラ売りするくらいです。

入浴剤は鍼灸院にしか卸さない業者のものです。生薬入りですごく温まります(年末にたまに配っていました。今年は未定)

お配りして気にいった方に頼まれたら注文するくらいです。

「モノを売りつけられ困る」ということを患者様から聞くたびに胸がもやもやします。

病気で弱っている人に、「信頼している」先生から勧められたらそりゃあ買うでしょう。

でも、それそんなに必要なのかな?

人の信頼を逆手に取っているようで嫌です。

「患者様がモノを買わずに済むように鍼しようよ。」という意味合いです。

水とか売っていたら最悪の部類ですね。



機械について。

イン○キ?にしか思いようがないものがあります。

だいたい体験料が1万円以上します。

かなりあやしい。

忘れることなかれ!

私たち鍼灸師は「手を使う」ことが最大の特徴です。

患者様の姿を見て、声を聞いて、肌に触れ、状態を把握してから鍼を刺す。

感覚勝負ですので機械には代替できないです。

機械メインや頼ったりする様なところは同業者の中では特に軽蔑されます。


手をいかにうまく使うか?という技術職であって、機械をうまく使うオペレーターではありません。


ぼやきでした。
posted by あけぼの at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。