徒然と書いていこう

2018年09月13日

ガツンとされる。

こんばんは。

今日は調子に乗っているとガツンと!てな話です。

開業して以来、よくあることが一人の症状を改善すると次々に口コミが広がることがあります。

ご紹介していただいた方を一人、ひとりとこなしていき、

「俺いい感じぢゃん!?」となると・・・

ガツンとうまくいかない患者さんというか、壁にぶち当たります。

わかっているのですが、この繰り返し。

そんで

「あ〜あ・・・」となるわけですが、こんな時ほんとに誰か教えてくれ!!となります。

当然誰も教えてくれないし、この症状にむいてそうな人の心当たりとか考えますが、なかなかいません。(というか福井県の先生自体知らないし)

この壁、大体4人抜きか5人抜きという後に決まってやってきます。

それまではちょっと鍼灸舐めかけます。いけませんね。


でも、向上するチャンスです。

かつては手も足も出なかった症状やもっと回数がかかったことでも何とかなる場合も増えてきました。

あの時これを知っていればなーということを良く思います。難しかった方のことはよく覚えていますよ。

壁ができたときは考え方を変えたり、技術的なことを見直したり、体の見方を再考するチャンス。

いろんな本を読み返したり、学会とかであった先生に聞いてみたり。もしくはいろいろ研究されている先生の記事をネットで見たり。

今日もそういう患者さんに遭遇。

いまいち経過が思わしくなくて。

かというと、今日の結果が楽しみな昔ならできなかったであろう症状の方もいたり。

試練とご褒美が同時!!



もっと前に進めということなんですよね。

しんどいけど、

楽しい毎日です。


今日も好日(←初期のブログで良く〆に書いてた。なんか懐かしー)
posted by あけぼの at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。