徒然と書いていこう

2019年08月08日

ふと思う。

鍼灸の研究やら、学術はとても大事です。

意識的にいつも何かないかと探しています。

でも、なんか違うんだよなーと、最近ふと思いました。

やりたかったことがどうしてもエビデンスベースにしなくてはならない

そう、「しなくてはならない」が多くなりすぎてるような感じです。

自分自身窮屈だと思ったりします。

鍼灸の古典(わかりやすくいうと古文書ね)とか色々な名人の話を聞いたり読んだりしていると、

エビデンスベースに乗せることを考えると急に色あせます。

でも、でたらめはいけませんがね。似非科学とか。

科学科学いうのに飽きてきた、というのもあるのかもですが。

本来の鍼灸の深さをそろそろ追求したいかなー。

そしたらもっと色々な世界を見れるかもと思うとそっちがいいかも。

ふと思った独り言でした。
posted by あけぼの at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。