徒然と書いていこう

2017年05月09日

続いています。

昨日も書きましたが、妊娠反応陽性が続いています。

今日は2人。

一人は体外受精。当院に来るまでは妊娠の経験がなく、1カ月半ほど鍼灸をしての凍結肺移植で初めての妊娠陽性。

もう一人は自然妊娠。二回目の妊娠ですが、一人目は当院で鍼灸をしながら体外受精で妊娠、そして出産。その後二人目ご希望で母乳をやめ、月経再発二回目でなんと自然妊娠!

これには僕も喜びを感じえませんでした。

体外受精をしていた方が自然妊娠されるのは鍼灸師としての誇りです。

そして、これからが大事。

心拍の見えるまでの期間は本当に祈るような思いで施術していきます。

どうかうまくいきますように。
ラベル:妊娠反応
posted by あけぼの at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

妊娠反応が続く流れ。

長いことやっていると妊娠報告が続くときがあります。

コンスタントに結果を出すのが望ましいのですが、立て続けに陽性反応が出る時期がなぜかあるような気がします。

偶然といえば偶然なのでしょうが。

GWの休みに入る前に2人。30代半ばと40代の人。

GW明けた今日で2人。2人とも30代後半の方。

体外受精のサポートでの結果が3人。
そのうち2人は今まで結果が出なくて初めての妊娠。

残る1人は自然妊娠。
体外受精でも結果が出ない中、自己タイミングでの妊娠反応。
PCO併発の排卵障害があるなか、月経周期が整ってからのことでした。排卵障害に対して研究中の経穴の施術がうまくいったのかもと思うと私も嬉しくなってしまいました。

正直これからが大切なのですが、皆様非常に喜んでいるようでした。

が、

あまり実感がないというのが正直な感想でした。

そう、きょとんとしているのです。

上手くいかないのに慣れてしまっていると、どうせだめだろうと思ってたといわれます。

私の仕事は鍼灸で妊娠できる状態に体を作り、無事出産までお世話することだと思っています。

妊娠したということは、妊娠できる体になっていたということ。

自信持ってくださいね!といっても半信半疑。安定期が来ることまでは妊している状況にイマイチしっくりこないみたいです。

ひとしきり皆様のお話しと聞いた後には妊娠の経過についての簡単な流れを説明して、身体に起こる変化、心構え、やってほしいこと、しないほうが良い習慣などをざっくりと。

みなさん、妊娠することに頭がいっぱいで、その後のことはほとんど関心が持てない方が多いようです。確かに妊娠しないと始まらないですからね。


実際、みなさまの判定日が毎週のように続くので、いいときもあれば悪いときもあるのですが、やはり結果が出てくると嬉しくなります。

健やかな経過と無事生まれてくるようにサポートしていきます。

妊娠初期の鍼灸は、妊娠するまでと違い、身体を変えるというよりも補助的に強くしていくという感じです。つわりなどの症状がある場合は体の調整をして改善していくように施術します。

どうか、皆様がうまくいきますように。

心から祈りながら施術していきます。

この流れも続きますように。



ラベル:妊娠反応
posted by あけぼの at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

嗅覚。

長くやっていると嗅覚で治療することがあります。

別に患者様に対してクンクンしてるわけじゃありませんので、あしからず。

ここ何となく怪しいなーと感じること。

今まで習った通りのことだけではだめなことがあるのです。

全然関係ない場所に治療ポイントや原因があったりします。

そういう時はいったん離れてみて、違和感を感じるところに手を伸ばしてみると案外面白い反応があったりします。

最初は気のせいだったり、外れることがありましたが、今では結構当たるようになりました。

でも、後でいろいろ調べてみると書物に書いてあったり、誰かが見つけていて体系化していることもあるのが面白いところです。

嗅覚だけで治療をされている先生もいるにはいるのですが、でたらめだったりします。やはりある程度のセオリーを知っていることは基本中の基本ですね。

要はバランスといったところ。

正と奇なんでしょうが、まだまだ知らないことが山ほどあります。

感覚ももっと磨かないと。

無き父親の趣味が刀剣や骨董でした。思えば小さいころ博物館とかによく連れていかれたものです。

その中で本物を見て、子供ながら何かを感じていたのだと思います。

感性を高めるには名工の機智を見て感じるのが一番とかっこいいこといったりしますが、あの境地に至るまでにはさらに多くの修練が必要なのだろうと思い、気が遠くなりかけます。

GWには博物館でも行ってみようかな。

臭いをかいできます(笑)
posted by あけぼの at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする